自分独自のパソコンを持つ

パソコンを購入する場合、ほとんどの方が電気店に行って店員の勧めるメーカー既製品を選びます。
購入してすぐ使えるので初心者は最初はそうすべきで、また、それしか方法がないと思います。
使い慣れてきてパソコンの構成等に詳しくなってくると、自分の利用目的にあったパソコンが欲しくなったり、メカに興味のある方は自分で組み立てたくなったりします。
一般に販売されているメーカー既製品以外を使いたい場合の選択肢には、主に次の3つ選択肢が有ります。

  1. BTOを利用する。
  2. 自分のパソコンを改造する。
  3. 自分で部品を購入して1から組み立てる。

1.BTOを利用する。

BTOは「Build To Order」の略称で、受注生産という意味です。
メーカー製のパソコンを使っていて陳腐化して性能に不満が生じ、より利用目的に合った新しいパソコンが欲しくなった場合に、自作には自信がなかったり面倒な場合の選択肢です。

CPUやメモリーなどは自分で選択肢の中から色々選べる分自由度が高く、余分なアプリも入っていないのでデスクトップやスタートメニューがスッキリしていますが、スペックの意味を理解したり、ソフトはOSしか入っていないことが多く、アプリを自分で購入してインストールするスキルが必要になります。

BTOメーカーは、秋葉原を中心に店舗展開したり、郊外型だったりネット専門だったり業態も様々です。大手メーカーでも提供していますが、ドスパラ、ツクモ、マウスコンピューター、pcデポ、エプソンダイレクトなど多くのパソコン関連専門企業が参画しています。

どのメーカーのものを選んだらよいか迷いますが、マザーボード、CPUなどはほぼ同じでそれらの組み合わせはある程度自由にできるので、求める性能等が決まったら後は自分の気に入ったデザイン、価格、拡張性等でメーカーを決めます。
最初からネットで購入しても良いですが、初めての場合は極力ショップまわって仕様、価格、デザイン、ファンの音、外部端子の種類や数、アフターサービスなどを比較検討して決めることをお勧めします。

2.自分のパソコンを改造する。

この方法は、自分が今使っているパソコンが陳腐化したので、メモリーを増設したり、HDDをSSDに交換するなどの一部の機能強化から、マザーボードごと大部分を更新する大きな改造まであります。

ノートパソコンでもデスクトップでも、ネットで調べれば方法が色々紹介されており、メモリーを増設したり、HDDをSSDに交換することなどは、蓋やケースを開けて中をいじる勇気があれば比較的簡単です。

更に、CPUなどをグレードアップしたい場合は、ケースはそのままにマザーボード他一式を交換します。使い慣れたケースをそのまま流用するので電源やファンは元のままです。
不足する機能があれば、拡張ボードで対応します。
改造には3.の方法と同じスキルが必要です。

私は、2007年6月にドスパラで購入したスリムタイプの「Prime」デスクトップパソコン( microATX)を購入し、その後、陳腐化してきたのでCPUのアップグレード、USB3.0利用のために、マザーボード他一式中身を入れ替えました。

(旧) CPU:Core2 duo E6300 1.86GHz チップセット:インテル945G  メモリー:DDR2 1GB HDD:250GB
(新) マザーボード:P8B75-M CPU:第2世代Corei3-3225 チップセット:インテルP67G  メモリー:DDR3 4GB HDD:500GB USB 3.0×2、USB 2.0×12

旧も新も当時としてはスペック的には大したことありませんが、お金がないこと、マイクロソフトOfficeなどビジネス中心の利用なので問題はありませんでした。

その後、HDDを東芝製の128GB SSDに換装、HDDをDドライブとして再活用し現在(2018年)に至っていますが、Windows10になってからも特に不便は感じていません。

3.自分で部品を購入して1から組み立てる(自作)。

いわゆるパソコンの自作です。
月刊専門誌のDOS/Vパラダイスや日経WinPCが廃刊になったように、パソコンの価格が下がって機能も向上してきたので、あえて自作する人は減っているようです。挑戦するためにはネットや季刊の専門誌に頼るほかありません。
秋葉原には専門店がいくつかあるので、事前に最新規格や価格情報を自分の足で仕入れておくのが楽しみでもありお勧めです。

自作に必須なものは、
・PCケースと電源・ファン(一体になったものがお勧め、デザインはあまり良くない?)
・マザーボード(ASUS、MSI、ASRockなど。チップセット付)
・CPU(Intel、AMD。ファン付)
・メモリー(主記憶装置: DDR4など)
・HDDや SSDなどの補助記憶装置
・ OS(Windows10)
その他に
・ゲームや動画編集にはグラフィックボード
・光学ドライブ(DVDドライブやblue-rayドライブ)
が用途に応じて必要になります。

先ずは、使用目的、予算を元にCPUを選択すると、次にそれが利用できるマザーボードが決まり、後はそれを収めるための自分好みのケース・電源のセットやメモリー、補助記憶装置などが決まります。
新しいCPUは高性能ですが価格が高いので、前のバージョンを利用すると性能差は余りないのに格安で購入できる場合があります。

私もNEC9801VMなどの日本電気のPC9800シリーズを使っていましたが、PC/AT互換機いわゆるDOS/Vパソコンが秋葉原の「ラオックス ザ・コンピュータ館」に展示されるようになってPC/AT互換機に興味を持ち、秋葉原の専門店に行ってはでショーウィンドウをながめていました。
その後転勤になり、1995年に京都・寺町の電気街で思い切ってパーツを集めて初めて自作機を組み立てました。データは残っていませんが、CPUはペンティアム、チップセットはインテルの430FXだったと思います。
案外簡単にできたので、その後、AMD、Celeron、PentiumなどのCPUを使って数台のパソコンを自作してきました。

特徴は、予算や用途に応じて自分でパソコンの仕様や構成を決められることで、CPU、マザーボード、HDD、光学ドライブなど個々の機器の組み合わせを選択できます。

自作する場合の注意点は
・CPUやチップセットなどのハードウェア、OSやデバイスドライバーなどのソフトウェアの知識が必要 になる。
・ トラブル時には本やネットで調べるなど基本的には自分だけで解決する必要がある。
・マザーボードのマニュアルが英語なのである程度の英語力が必要 。
・PCを使えるようになるまでに時間がかかる。
・パソコン自体への製品保証がない。

などですが、
・パソコン自体に興味がある。
・組み立てや部品選定は難しそうでもそれを楽しめる。
・多少割高になっても他にない自分独自のパソコンを持ちたいという意欲がある。
というような方にとって、
・知識は本やネットで得ることができる。
・ケースや部品の互換性が高い。
・英語のマニュアルも簡単な用語で、図解入で解説してある。
のでそんなに難しいものではありません。

4.中古を購入して改造する。

法人向けリース落ちのパソコンなどが中古として流通しているようです。

デスクトップパソコン

欲しかった「デスクトップ、Windows10 Pro」をインターネットで検索した結果、当然沢山の結果が表示されましたが、富士通の製品がデザイン的にに気に入ったので購入しました。

27,860円(税込み)で、内容は
・FMV-583 Core i5 4570(3.2GHz 4コア4スレッド 第4世代) メモリ4GB 高速SSD256GB DVD±R RW
・Windows10Pro 64bit WPS Office付き
・セキュリティソフト無し、無線ラン子機無し、外部スピーカー無し、
・USB3.0(前2/後2) USB2.0(後4)

法人向けで、2015年10月発表のもの Windows8.1Pro
インテルR B85 Expressチップセット
商品番号 1276a-mar-R

ノートパソコン

2009年に購入したPanasonicのレッツノートが機能的に不足になってきたので、更新することにした。